Last-modified: Sunday, 01-Feb-2004 23:02:53 JST

2004 年 1 月 31 日曜日)

あれれ、明日から 2 月かよ。

「味の三平」の味噌ラーメン

[フィギュア版北海道大物産展]

やったっ!! ついにラーメンが当たった。 ご存知、海洋堂による、 北海道生搾りのオマケ、フィギュア版北海道大物産展の話である。 しかし、14 種類全部集める前に次のキャンペーンが始まってしまったような……。


[iBook] 車庫楽団

GarageBand を起動して先日の曲(曲にはなってないけど)をちょっと手直し。 GarageBand Users Club にもアップロードしてみようかな。

2004 年 1 月 28 日曜日)

[Amazon] Blade Runner 届く。そしてお買い上げ〜

cover Blade Runner (BFI Modern Classics) Scott Bukatman (著) が、先日、アマゾンより届いた。 薄っぺらい本だった (^^; けど、持ち歩くにはよい。 著者はなんとスタンフォード大学の映画研究の助教授。 パラパラめくっていると、いろんな映画や関係者の名前がいっぱい出てくるのは、 いかにも研究者が書いたっぽい。 カラー写真がいっぱい入っているのはいいけど、 15 ページの東洋人街の写真は、左右反転しているぞっ。

を、スタンフォードの Bukatman さん発見!!

ちなみに、この本を自分で買ってアマゾン・アソシエイトのポイントが付いて以来、 昨日、初めて当サイトからのお買い上げがあった。数十円でもありがたい。 ちなみに書名は 『ロックの英詞を読む』

ちなみに(その二)、 お金が余ってしょうがいない方がもしいたら、右のアマゾン「サーチ」で、 できるだけ高額な商品を探して購入してみよー!


[Virus] MyDoom

MyDoom そのものと、 私のメールアドレスを詐称したメールへの警告メールがどしどし届く。 昨年の Sobig.F ほどじゃないけど、リムネットのメール・サーバーは重たくなるし、 もう、勘弁してほしい。

[iBook(Dual USB)] 環境を取り戻せ!!

OS を新規インストールしてしまったので、元の環境に戻すのも楽じゃない。 毎晩、ちょっとづつ復旧作業。 外付けハードディスクからファイルを書き戻したり、 アプリケーションの登録コードを入れ直したり。 もちろんソフトウェア・アップデートもね。

で、今晩は、ブラウザのブックマークを復旧した。 ちなみに、Safari のブックマークは、 ‾/Library/Safari/Bookmarks.plist で、 Mozilla Firebird のブックマークは何故か、 ‾/Library/Phoenix/Profiles/default/不思議な文字列/bookmarks.html だった。

Posted by ♪ | Comments (不明) | TrackBack (不可)

2004 年 1 月 26 日曜日)

[iBook] 車庫楽団

昨晩は途中まで書いて寝てしまった (^^; 昨日の作業記録の続き。 USB オーディオインターフェース、Roland UA-30 は、 GarageBand で使うとノイズが乗ってしまってダメな感じ(何がが悪いのかな?)。 それから iBook(Dual USB) の限界だが、 デジタル音源に対しエコーやリヴァーブならかけられるが、 ギター・アンプ・シュミレータ等の高級エフェクトは PowerPC G3 500MHz では、 動いてもくれないようだ。

プリセットされているループ音源をあれこれ組み合わせて(これが楽しいのだ)、 その上に iBook の内蔵マイクでウクレレの生音をひろってかぶせてみた。 あれこれ調整をしてから、「iTunes に書き出し」でミックスダウン。 そして iTunes で MP3 に変換すると出来上がり。

ちょっと手直しして差し替えた。(2004-01-31)

Posted by ♪ | Comments (不明) | TrackBack (不可)

2004 年 1 月 25 日曜日)

[iBook] 典型的なアメリカ人は車庫でバンド練習をする(のか?)

MacOS X 付属のディスクユーティリティは、ディスクの内容を保ったまま、 パーティションの変更はできないようだ。 ここはひとつ思い切って、Panther の新規インストールだ (と決定したのは、昨晩のこと)。

あれこれ外部にバックアップしまくって、 ディスクユーティリティでパーティションを切り直す。 今回はシステム用のボリュームは 15GB とした。 それから Panther 本体やら、X11 やら、Xcode Tools をインストールしまくり、 インターネット経由でソフトウェア・アップデートも済ませた。 そしてついに、iLife '04 付属の DVD-ROM から、 GarageBand をインストール!!

2004 年 1 月 24 日曜日)

[iBook] iLife '04 は届いたが。

iLife '04 が届いた。お目当ては GarageBand だっ。 が、しかし、GarageBand 単独であっても、 「起動ボリューム」にしかインストールできなくて、 空き容量を 2GB 以上食うのだ。

た、足りない (汗;

iBook(Dual USB) では、ハードディスクにパーティションを切っていて、 起動ボリュームには 6GB ぐらいしか確保していなくて、空き容量は 1GB しかない。 どうしよー。

つづく……

2004 年 1 月 23 日曜日)

[iPod] ヘッドフォン

ヨドバシにて iPod 用にヘッドフォンを購入。 ソニー NUDE シリーズで一番高いヤツ、 MDR-E888LP。 インナーイヤー型ヘッドフォンは、やっぱりソニーでないと。 ちなみに同じソニーの「ゴムの耳栓」タイプは、 外部の音が完全に遮断されてキケンなので選択肢から除外した。

[iPod] 『ロックの英詞を読む』を聴く

"BRUCE SPRINGSTEEN & THE E STREET BAND" の "LIVE 1975-1985"(ライブ・アルバム CD 3 枚組)に、 カヴァーを含めると 4 曲も含まれていることが判明。 こりゃ、お得(って、そーゆー問題じゃない)。

ご存知、"Born In The U.S.A." の他に、 "Because The Night" (パティ・スミス、曲作りにブルースも参加)、 "This Land is Your Land" (ウディ・ガスリー)、 "War" (エドゥイン・スター)のカヴァーが収録されている。 ブルースのあの歌声はすごく聞き取りにくいのだけど、 それにしても、明らかに歌詞の順番やら言葉やらが違う歌もあった。 ライブだから別にいいけど、英語の教材としてはちょっと。

お〜、"War" はこの曲か。 "FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD" の "WELCOME TO PLEASUREDOME" にも入ってヤツだ。 ついでにこのアルバムもリッピングしませう。

一方、なぜか持っていた(ほとんど聴いたことがない) エルトン・ジョンのベスト・アルバムからは、 "Goodbye Yellow Brick Road" が iPod に。 いや〜、素晴らしいポップ・ソングだなぁ。 しかし、本にも歌詞カードにも、最初の 2 行が "When are you ..." とあるのに、 "When (am) I ..." と聞こえるなぁ。

Posted by ♪ | Comments (不明) | TrackBack (不可)

2004 年 1 月 21 日曜日)

[本] 心理学、ロックの英詞を読む、13歳のハローワーク

アマゾン・アソシエイトっぽく、最近、買って読んだ本を紹介。

というか、主な読書空間であった通勤電車は、この1年以上、 SL-C700 イジリに費やされることが多く、あんまり本を読んでこなかった。 ずっと追いかけていたトム・クランシーも、 フィクションが現実になってしまい、読む気が失せてしまったのだ。

で、久々に読んだのは小説ではなく、 『心理学 ― PSYCHOLOGY 〈1冊でわかる〉シリーズ ―』 ギリアン・バトラー (著), フリーダ・マクマナス (著), 山中 康裕 (翻訳)。 中学生の頃に、頭の体操シリーズで有名な多湖 輝の 『読心術』(←いまだに売っているということは、やはり名著か) を読んで以来、ずっと心理学には興味があったのだが、 ちゃんと勉強をすることはできなかった。 今でもできていない訳だが、初心に戻って概観してみようと思ったのだ。 心理学は翻訳がこなれていないところもあるが、 まさに、ざっと概観するのにはいい本かもしれない。 問題はこの次のステップだな (汗;

ピーター バラカンの 『ロックの英詞を読む』は(往年の?)ロック好きには面白い。 ずっと気になっていたホテル・カルフォルニアの歌詞が出ていたので、 本屋で衝動買いしてしまった。 副題の "Rock Between The Lines" は、 日本語の「行間を読む」を踏まえ、Read(読む)を Rock にしたもの。 ちなみに 36 曲のうち、自分の iPod に既に入っていた曲は、 Every Breath You Take (The Police), Hotel California (Eagles), Money For Nothing (Dire Straits), Summertime Blues (Eddie Cochran) (ただし T-Rex バージョン), What's Going On (Marvin Gaye) (王様バージョン、つまり翻訳済みなので意味なし), Wish You Were Here (Pink Floyd) だった。 現在、手持ちの CD から、さらに 6 曲ぐらいリッピング中。

村上龍の 『13歳のハローワーク』は、 いろんな仕事に対する村上龍の(ある意味、独断と偏見に満ちた) ショート・コメントが並んでいるので面白い。 これがなんでベストセラーになるのかは分からないし、 これが若者の仕事選びに役立つかどうかも分からないが。

Posted by ♪ | Comments (不明) | TrackBack (不可)

2004 年 1 月 20 日曜日)

[SL-C700] スタイラス

仕事帰りに、パイロット社のスタイラスペン「ぺんとぴあ」を購入。 スタイラスはほとんど使わないのに、買うのは 3 本目ぐらいかも。 スタイラスを収納するところがゆるゆるになっているので、 すぐに紛失したり、落下させてしまって先を折ったり。

今回のスタイラスは伸縮機能があるやつだ。 2cm ぐらい伸びる(意味あるかなぁ)。 とりあえず落下防止のために、セロテープを巻いて摩擦係数を増しておこう。

[iPod] バッテリー交換

密かに取り寄せておいた MacPerfect の iPod 内蔵バッテリキットを iPod 5GB に。 まず、はめ込み式の裏ブタを外すのに苦労した。 付属の小型ドライバはほとんど役に立たない。 (テレフォンカードがなかったので)パスネットを差し込んでなんとかオープン。 次に純正バッテリを剥がすのも大変だった。 交換バッテリは米国から輸入したものだが、 バッテリの袋には MADE IN CHINA とあった。 さて、充電だ。

参考文献: iPod全バラシ報告(Ver.1.1)

Posted by ♪ | Comments (不明) | TrackBack (不可)

2004 年 1 月 19 日曜日)

かふン、かふン。

スタイルシートに勝つ(あるいはバグを回避した)

試行錯誤していたら、 左側の領域の右マージンが、右側の領域の左マージンとなることが判明!? 少なくとも Mozilla Firebird 0.7 for MacOS X と Safari 1.1 では、 そうなるぞ。 それならばっ、と、左右の領域の背景色を同じにして境界をごまかし、 Internet Explorer 5.2 for MacOS X も含めてそれなりに見えるようになった。

Posted by ♪ | Comments (不明) | TrackBack (不可)

2004 年 1 月 18 日曜日)

かふン、かふン。昨晩から花粉症っぽい……。 昨日の雪が降り積もってくれていれば、花粉もいっしょに凍り付いてくれたのに。 今日は晴れてしまった。最悪。

スタイルシートとの闘い

本文(レイアウト左側)はなんとかなったが、 右側のメニューがうまくゆかない。 sidetitle の枠線の左側に余白がとれないのだ。 しかも、ブラウザによって症状が違う。 margin と border と padding の関係やら、 div と float やらを、 今更のように勉強したりしながら手書きでやっているのでいつ終わることやら。 実験しているうちにポップな感じ(?)になってきたので、 とりあえずこれでアップロード。

Posted by ♪ | Comments (不明) | TrackBack (不可)

2004 年 1 月 17 日曜日)

Movable Type っぽく

ここでひとつ脱皮すべく、というか、流行っているみたいので(またそれかっ)、 いかにも blog っぽくしてみよう。 Movable Type なページのソースと、にらめっこしながら数時間……。 まだ途中だけど眠いから寝よう (汗;

Posted by ♪ | Comments (不明) | TrackBack (不可)

2004 年 1 月 16 日曜日)

明日は雪か?12 日の修正と追記。

2004 年 1 月 12 日曜日)

amazon.co.jp アソシエイト

(↑カナタカ表記の場合は、アソシエイツじゃなくてアソシエイトだった。 2004-01-16 修正)

ここでは万人受けするものは話題にしないので、いくらにもならないだろうが、 なんか流行っているみたいなので興味本位で申請してみた。 試しにサーチ・ボックスをつけてみたけど、 当サイトは手書きの素朴な HTML/CSS なので、間抜けな表示になってしまうなぁ。

つづく。

cover Blade Runner (BFI Modern Classics)
Scott Bukatman (著)

(←当初は「キーワードリンク」(紹介料 3% らしい)を使っていたが、 「個別商品リンク」(紹介料 5% らしい)に修正。 2004-01-16)

というわけで、実は、某チャンネルの某スレで話題になった、 この本が欲しかったのであった。英国のブレードランナー本である。 とりあえず自作自演をすれば、結果的に数パーセントの割引になるはず。 さて、アマゾンのワン・クリックを初体験だ。

なんとか注文はできたけど、 アソシエイツの方にカウントされたかどうかは不明。 (ちゃんとカウントされていた。でもたぶん 3% 還元。 もちろん、他に買った人はいない……。2004-01-16)

2004 年 1 月 10 日曜日)

アッと言う間に一週間。まずは今週の Linux Zaurus の話題から。 そして追記あり。

[SL-C700] perl_5.6.1 を SD カードに。そして Mutt

塚本さんが SD/CF カードにもインストールできる perl_5.6.1-8.3-3_arm.ipk を公開。 さっそく SD カードに入れようとしたらエラーに。 あれこれ調べてみるとインストールの後処理スクリプト postinst における、

chown -R zaurus:qpe /opt/QtPalmtop/perl

がエラーとなっていた。 標準の GUI インストーラーは、インストール先に SD カードを指定すると、 まずは、内蔵メモリの一時ディレクトリへのインストールが実施されるのだが、 この時点では /opt/QtPalmtop/perl が存在しないのでエラーとなるのだ。

/opt/QtPalmtop 以下に一般ユーザ所有のファイルを作るのも気持ち悪いので ( CPAN をユーザ zaurus のままで使えるようにするのが趣旨だとしても)、 postinst を削除したパッケージを勝手に作って、 SD カードにインストールしてみると、すんなり入ってくれた。 ただし、 「このソフトウェアは他のソフトウェア(ライブラリなど)を必要としています。」 という謎のインストールエラーが出るのは、前バージョンのままだった。

一方、 さきらさん より、Nomail のリンク先が切れているとのご指摘があったこともあって、 久しぶりに、 Mutt と仲間たちを Version 2.1 にマイナー・バージョン・アップ。

さらに、Nomail の本来の使い方である、setuid (一般ユーザが root 権限等で 処理を実行できる仕組み)のために suidperl を試してみる。 suidperl は塚本さんのパッケージには含まれていない。よって、

http://plat.debian.or.jp/debian/pool/main/p/perl/perl-suid_5.6.1-8.3_arm.deb

から取ってきて、MacOS X 上で ar xv コマンドで展開。 suidperl を取り出して、

# chmod 4711 /usr/bin/suidperl
# chown root /usr/bin/suidperl

としてみたが、これを使ったスクリプトを動かすと、"Can't do setuid" と怒られてしまう。なんでだろう〜?

[SL-C700] REX-CFU1, 512MB SD カード

REX-CFU1 経由で、 2.5" HDD 外付けケース Zipang に入れた HDD のマウントに成功。 とりあえず FAT32 フォーマットにしておけば、 Linux/Macintosh/Windows 間でファイルを交換できる。 で、永らく使ってきた 256MB SD カードの内容を tar.gz バックアップして、 さあ、512MB SD カードを fdisk だっ!! ってところで一つ失敗。 fdisk は、 自分でパッケージングした armutils に含まれるのだが、 これを内蔵メモリ節約のために、SD カードにインストールしていたのだ。 その SD カードを抜いてしまったら、使えないではないかっ。

そんな失敗を乗り越えて、約 400MB を ext2 パーティションに、 残り約 100MB を余裕の swap パーティションにすることができた。 そして ext2 パーティションにバックアップを戻して、環境復活!!

[SL-C700] アプリのバージョンアップ

お絵描きソフト PetitePeinture をバージョンアップ(0.9b-1)。 久し振りに触るので使い方が分からなくなっている (^^;

それから Qualendar を最新版 0.7.040106experimental に。いつもお世話になっております > ichitokumei 様。

[iBook(Dual USB)] LUB-SC 復活

USB-SCSI 変換ケーブル LUB-SC を使うための、 ロジテックの「Mac OS X対応USBドライバ」Ver1.1.6で、 以前、Jaguar 時代にトラブった。 その後、iBook は Panther になったが、このドライバの使用上の注意に、 「Mac OS X 10.3 環境では、ご使用いただけません。」 と明示されるようになったので、あきらめていた。

が、先日、なんとなくググってみると、 LUB-SCお前もか (MacFeeling) というページを発見。 ここに書いてある通り、下記のコマンドを打ち込んで再起動したら、 LUB-SC 経由で MO メディアをマウントできた。めでたしめでたし。

$ sudo chown -R root:wheel /System/Library/Extensions/LogitecUSBDisk.kext
$ sudo chmod -R 755 /System/Library/Extensions/LogitecUSBDisk.kext
$ sudo touch /System/Library/Extensions

[iBook(Dual USB)] ガレージ・バンドだっ

ふと目にした GarageBand にぐっと惹かれて、iLife をクリックしてしまった。 iBook(Dual USB) は G3 500MHz なので、ちょっと能力不足なのだが。

で、昨年、.Mac を更新したときのクーポン 2,500 円を使おうとしたのだが、 よくよく確認してみると、その有効期限は昨年末に切れていたのであった。 ガックリ。 普段、メーラーの設定で、HTML メールのイメージは非表示にしているので、 画像の中で有効期限を書かれも、おいらにゃ、読 め な い ん だ よ(泣)

[gadgets] iPod mini, HD-MD

初代 iPod のバッテリがへたばっており、 どうしようかなーとか思っていたのだが、 iPod mini は新鮮な驚きだった。うん、これだ。

一方、ソニーの Hi-MD 企画、いや、規格は凄いんだか凄くないんだか、よく分からないなぁ。 PC につながるってのは面白そうだけど。

2004 年 1 月 3 日曜日)

[BR] Philip K. Dick Offical Site

予告通り、 ディックの公式サイト がオープンしていた。 未公開の Exegesis (いわゆる“釈義”)がサイト限定で少しづつ公開されるらしい。 フォトギャラリー には幼少期の写真もあったりして。 もちろん 映画コーナー もあって、 ブレードランナーやマイノリティ・レポート等のページもしっかりある。 面白いのは、映画化の権利が既に売れている作品のリスト。 "Time Out of Joint" (時は乱れて)はワーナー・ブラザーズが、 "Valis"(ヴァリス)、 "Radio Free Albemuth"(アルベマス)、 "Flow My Tears the Policeman Said"(流れよ我が涙と警官は言った)は、 独立系プロデューサー John Alan Simon が権利を持っているとのこと。 そして、"Ubik" (ユービック)も誰かの手にあるらしい。

ということで、 ブレードランナー・コレクションを更新。

そういえば、 PAYCHECKは、 面白い映画に仕上がったかなぁ。

2004 年 1 月 2 日曜日)

新年

あけましておめでとうございます

老人会?

ご長寿ブログを探せに誰かがウクレレ日記を載せてしまった。恥ずかしい。 旅は道連れってことで長寿仲間を探し回ってみた。 ということで、冬樹さん、Hirayan さん、載せちゃいましたよ〜。