#[an error occurred while processing this directive]
Last-modified: Sunday, 26-Jan-2003 21:43:23 JST

↓最新の記事へジャンプ↓

ウクレレ日記 2002 年 12 月

きむらかずし

[富士山]

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! MMUJ


2002 年 12 月 31 日曜日)

追記あり。

大晦日の朝

大掃除は、外回り(ベランダ)しか終わらなかった。 年賀状は 1/3 ぐらいしか出せなかった。 まあいいか……。

AppleWorks 6.2 (MacOS X 版)で宛名書き

日曜日の夜、宛名の印刷で悪戦苦闘した記録。

過去日記によると、ここ 2 年ほど宛名は「手書き」だったようだ。 となると、MacOS X にて宛名印刷するノウハウがないということだ。 住所データ自体は、毎年テキスト・ベース( CSV 形式)で更新しているので、 あとは流し込む先を探せばよい。

手持ちのソフトウェアで、宛名書きに使えそうなものは、 AppleWorks 6.2 ぐらいだった。 しかし、宛名書きのテンプレートが付属してないじゃないか! 日本で売るならちゃんとローカラーズせんかいっ!! テンプレートを一から作るなんてやってられないし、 せっかくだから郵便番号の□□□-□□□□にキッチリ数字を埋めたい (←日本人的几帳面さ)。

Googleで探してみると……、 AppleWorks 用の宛名書きテンプレートを発見!! テンプレートBANK にユーザ登録(無料)して、 宛名印刷テンプレート を試してみると、なかなかよろしい。

さあ、AppleWorks のデータベースに住所録を流し込むぞ、と思ったら、 なんと AppleWorks は CSV 形式をインポートできない! おまえそれでもデータベースかっ!! 試行錯誤してみると、 Tab 区切り形式なら「ASCIIテキスト」として読み込めることが分かった。 Classic モードで Excel98 を起動して、 必要最小限の「郵便番号、住所、氏名、連名、連名敬称」だけの Tab 区切りデータ・ファイルを作成。 AppleWorks の「挿入...」にて、ファイル形式を「ASCIIテキスト」として、 さらにデータ項目との対応を指定して、やっとこさデータ流し込みに成功した。

大晦日の夕方

あぁ、残りの年賀状の「一言」を書き終えた (年々発行枚数が少なくなっているような気がする……)。 さて、買物に行くかな。

電子掲示板

とーとつですが、 ♪掲示板 オープンしました。メッセージをどうぞ。

Infoseek への怒りがようやく静まってきたので、 サービスを利用してやることにした。


2002 年 12 月 29 日曜日)

[ワープテキストの例(PNG形式)]

ワープテキスト

昨日の年賀状問題は、とりあえず回避策がみつかった。

今回の年賀状では、Photoshop Elements 2.0 の「ワープテキスト」機能を使ってみた。 右上のイメージのように、文字列を弓形やら波形やら、色々な形に変形する機能だ。 また Elements 2.0 では、Photoshop 形式で保存する限り、 文字列は文字列のまま保持できる(すなわち後で修正することができる)。

印刷は、この部分の前で(内部的にエラーが起こり?)止まっていたのだ。 エプソンのサイトより、MacOS X 用プリンタ・ドライバ( 1.11J )を ダウンロードしても同じだった (ちなみに MacOS X に付属してきたドライバは 1.12J で、もっと新しい?)。

で、回避策は、(後で修正することをあきらめて) 「レイヤーのラスタライズ」によりテキスト情報をイメージ・データ化すること。 これだけで正常に印刷できるようになった。 しかし当初はラスタライズしなくても印刷できていたので、ちょっと不思議。 プリンタ・ドライバが悪いのか、Photoshop Elements 2.0 が悪いのか?



2002 年 12 月 28 日曜日)

師走、師走、師走

どたばたしてるうちに、1 週間が過ぎ去っていった。 一方で、悲しいことに金魚が 1 匹死んだり (15 日の写真が遺影になってしまった)、 酒を飲み過ぎたり(γ-GTP がぁ〜)、 家族写真をベースに年賀状をデザインしたり。

今日は、1 匹になった金魚の世話をしたり、 年賀状を印刷したり。 しかし……。 MacOS X で印刷をキャンセルしようとして、 間違えて EPSON PM-880C のプリンタ登録自体を削除してしまい、 再登録したら、ハガキの上半分で印刷が止まるようになってしまった〜。 なんで?? せかく Photoshop Elements 2.0 から調子良く印刷できてたのになぁ。


2002 年 12 月 23 日曜日)

[MacOS X デスクトップ]

私のデスクトップ

Chimera 0.6 導入(後述)を記念したスナップ・ショット。 (デフォルトでは下にある) Dock は、左側に。 中央は Chimera ホームページを開いた Chimera (ブラウザ)。 下は emacs 使用中の JTerminal 。 左は Eudora 5.1-J のメールボックス。

Dock: Finder, CeDar , Internet Explorer, Navigator (Chimera), Netscape, iChat, Jedit4, JTerminal, Interarchy, RealOne Player, iTunes, iMovie, AppleWorks 6, テキストエディット, ThinkFree Office, Microsoft Excel, GraphicConverter, QuickTime Player, Sherlock, システム環境設定, Photoshop Elements 2.0, プレビュー, Virex 7.1, Synchronize! Pro X, Stuffit Expander, Eudora, アップル - MacOS X, ユーティリティ(フォルダ), ごみ箱

ボリューム: 内蔵ハードディスクの 4 パーティション, 研究社リーダーズ+プラスおよび辞・典・盤の仮想ボリューム

Chimera

MacOS X 上でのブラウザとして iCab を愛用してきたが、なにげなく、 Chimera を試してみると、速くてしかも MacOS X っぽくて感動してしまったので、 メインブラウザを乗り換えることとした。

ちなみに Chimera は、 Mozilla からブラウザ機能だけ取り出したものをベースに、 MacOS X 上の開発環境、 Cocoa で開発したブラウザ(らしい)。

鍋最高

煮干と早煮昆布と鰹節(にんべんフレッシュパックだけど)で出汁を取り、 大根と人参を少量のご飯を加えてざっと茹でておき、 豚肉と鮭の豪華ダブル・キャストで、 きざんだ白菜、葱、椎茸、 さらに生姜も数切れ入れて、点火。 お酒と味醂と醤油であっさりと味付け……。

うまい! そしてフィニッシュは、卵おじやだっ。醤油をたらり、うまい!!

6 才児は、卵は割ってくれたが、おじやは「やだ。」と言って食べない。 きさまそれでも日本人かっ!!!



2002 年 12 月 21 日曜日)

さぶい

今日は家の中にいても寒い(面倒だから薄着してるからだけど)。 しかも雨。外出や〜めた。

サイレント・ランニング

“SFX の巨匠ダグラス・トランブルが放つ伝説的カルト・ムービー” (パッケージの裏の記載より) 『サイレント・ランニング』の DVD を昨夜、購入( 2,500 円)。 いつ『ブレードランナー』みたいに廃盤になるか分からないし (^^;

大昔、テレビの深夜枠で放送されたときは、 目に焼付けるようにして見た記憶がある。 当時、ビデオ・デッキなんてものは(少なくとも我が家には)なかった。

1972 年の作品かぁ。ブレードランナーの 10 年前だ。 そして今から 30 年前……。

なんでだろ〜、なんでだろ〜

なんでだ、なんでだろ〜。 今晩は、『爆笑オンエアバトル』はやんないのかぁ〜。

この番組で初めてテツ&トモを観て大受けし、 2 度目に観た時も同じパターンだったのでビックリし、 3 度目も、工夫は凝らしながらも同じパターンだったので嬉しくなったものだ。 今では、他局にも露出して、ちょっとメジャーになった感じ。 しかし、一生あのパターンで生きてゆくのか?!


2002 年 12 月 19 日曜日)

[今治城]

今治(いまばり)の夜

静かに佇(たたず)む今治城。 そしてお土産は、鶏卵饅頭だっ。

トップフォトは、 帰りの飛行機から見た富士山。 美しい。でもクレーター(?)が痛々しい。

Linux Zaurus その後

様子見だった SL-C700 のレポートが続々と目に入ってくる。 うらやまし〜。 予約殺到で年内入手は無理らしい。 くやし〜。



2002 年 12 月 15 日曜日)

[kingyo]

少林サッカー

少林寺サッカーじゃなくて、『小林サッカー』だった。 でも、“寺”がないと“こばやしサッカー”みたいだなぁ。

それはそうと、金曜日、あの後、ちょっと確認のつもりが、 冒頭の惑星直列のパロディからしてツボを大いに刺激され、 そのまま全編観てしまったのであった。 あ〜〜、面白かった。 前半に、かなりシリアスにボコボコにされるシーンがいくつもあったので、 子供には刺激が強すぎるかも。 ってことで、見せてあげないことに決定。 い〜や、子供にゃもったいないね(?)

Linux Zaurus

昨日、リリースされたばかりの新 Linux Zaurus を店頭でチェック。 SL-C700 のシステム液晶はスゴかった。 PDA としてのメニューを使っている分には、あまり分からないが、 UNIX コマンドを入力できる“ターミナル”を起動してビックリ。 デフォルトの 12 ポイントの文字の小ささといったら。 人間の目が対応できないほどに、解像度が高いのだ。 フォントを倍の大きさにしてやっと実用的な大きさになった。 でも倍ってことは、VGA(640x480) の液晶画面を、 320x240 で使っているということ。う〜む。

いまだに愛用している HP200LX の後継機として期待していたのだが、 もうちょっと考えよう (どっちにしろ SL-C700 は予約していないと買えないみたい)。

金魚

以前から 6 才児が、犬を飼いたい、ハムスターを飼いたいと騒いでいたのだが、 どうせ自分では世話をしきれないことは明かなので、ずっとレベルを落として、 金魚を飼うこと。 昨日、2 匹、買ってきて、あらかじめ入手しておいた水槽に入れた。 それにしても、お世話をさせていただくのは、結局、わたくしめでございます。

Perl

MacOS X での DOS メディアのタイムスタンプ問題を解決するたに、 Perl スクリプトを書いたりして。 これでデジカメの JPEG (EXIF) ファイルを救うことができる。 しかし、同じデジカメでも、ムービー・ファイルは変換されずに残されてしまうし、 HP200LX にさしてあるコンパクト・フラッシュ内の各種ファイルは全滅だ。 なんとかならないものか。


2002 年 12 月 13 日曜日)

ふぉとえれ

マック版の Adobe Photoshop Elements 2.0 日本語版に関する重要なお知らせが。 内蔵ハードディスクで実験するのはキケンなので、 MO ドライブ上であれこれ試してみたが、バグは再現せず。 MacOS X 10.2.2 だけでなく MacOS 9.2.2 でもやってみたんだけど。 あぁ、残念(?)。

そらみみ

今晩のタモリ倶楽部、空耳アワーになんと "THE BEATLES" が登場。 そして大受け。♪アホな放尿犯〜。

レンタル

『少林サッカー』を借りてきたんだけど、 幼児や小学生に見せても問題ないかな?


2002 年 12 月 9 日曜日)

ゆき

朝、9 才児に起こされた。「雪だっ!!」

夜には止んだけど、寒い一日であった。

MUSASHI2 Viewer

MUSASHI 2 から Eudora 5.1-J への引っ越しで活躍した MUSASHI2 Viewer を公開。 REALbasic のソースコードだけ公開するつもりだったが、 原作者がアプリケーションをビルドしてくれた。 ちなみに REALbasic の評価版でビルドしたアプリは、30 日しか使えないのだ (^^;


2002 年 12 月 8 日曜日)

ごぶさたしておりました。

衣替え

久しぶりに本ページの配色を変えてみた。 ちょっと見にくいかな。

メーラーの乗り換え

ここ 2 〜 3 週間ぐらい試行錯誤し、ついにメーラーを乗り換えた。 新しいメーラーは Eudora-J 5.1 である。

フリーウェア時代の Eudora-J に続き、約 5 年間、ずっと愛用してきた MUSASHI 2.x とおさらばする決心(※1)をした。 MacOS X で動くメーラーをいくつか評価して、結局、 Eudora 5.1-J for MacOS X に戻ることを決定し、 過去メールをすべて Eudora 形式に変換し (これが大変だったのだ(※2))、 環境設定をいじったり、複数のアカウントを登録したり。 最後にオンラインでお買い上げ〜。 あ、まだフィルタの設定(メーリングリストの分類等のため)をしてないや。

※1) MUSASHI 2.x は MacOS X 版がない。 後継の MUSASHI 3.x には MacOS X 版があるのだが、 こいつは全てのメールを(何万通あろうが)一つのファイルに納める仕様である。 高速検索等、データベース的なところを狙っているのだろうが、 トラブル時に全てのメールがダメになる可能性があるし、 部分的なバックアップできないといった欠点があるので、 バージョンアップする気になれなかった。 とっても使いやすいメーラーなだけに残念だ。

※2) MUSASHI 2.x から Eudora 形式のファイルを書き出すツールとして、 MUSASHI ビューア 0.8bをありがたく使わせていただいた。 かなりの時間をかけて、全てのメール(合計 240Mbytes ぐらい)を変換。 が、Eudora のメール一覧ウィンドウをふと見ると、 Subject が消えているメールがちらほら。 いろいろ調べてゆくと、Subject が長いと表示されなくなることが判明。 幸いにして、REALBasic のソースコートが公開されていたので、 REALBasic の評価版をダウンロードして、ソースをあれこれいじくりまわし、 ついに改造に成功。 が、しかし、MUSASHIビューアで生成した旧 Eudora 形式をEudora で読み込むと、 (これまた) Subject が長いメールで問題発生。 そのメールに、その次のメールがくっついてしまうのだ。 これも試行錯誤の結果、Eudora-J 5.1.1 for MacOS X でのみ発生することが判明。 Eudora-J 5.1.1 for MacOS9 で読み込むことにより、回避に成功した。 ちなみに MacOS X 版と MacOS9 版は、メールや設定を共用できる。

ポート

そう、 ポートじゃなくて、 ポートなのだ。 映画『マイノリティ・リポート』の便乗商品、 『フィリップ・K・ディック・リポート』(ハヤカワ文庫 SF)を確保。 映画の情報はいっさい目に入れないように気をつけながら、 “本邦初訳短篇”の「不適合者」を味わう。 映画はいつ観られるかなぁ。


ちょっとしたリンク集

ウクレレ日記バックナンバー

最新号/ 2003 年 1 月/ 2002 年 12 月/ 11 月/ 10 月/ 9 月
2002 年 8 月以前のバックナンバー(リムネット上): 2002 年 8 月

(本ページが載っている)更新時刻取得サイト

[ SF系日記更新時刻/ みおみおアンテナ/ うにょんあんてな/ 片桐雅代のアンテナライフ(速波版)GET するも更新できず?/ そおとデぽぽぽチャート圏外に (;_;) ]


ウクレレ日記 / ♪きむらかずし / kimu*st.rim.or.jp ( * を @ に)