#24
Last-modified: Friday, 30-May-2003 01:45:02 JST

↓最新の記事へジャンプ↓

ウクレレ日記 2003 年 1 月

きむらかずし

[太陽]

Valid XHTML 1.0! Valid CSS! MMUJ


2003 年 1 月 30 日曜日)

[MacOS X] Chimera の漢字コード自動判定

Safari は速いけれど、ちゃんと表示できないページも多い。 ということでメイン・ブラウザはまだまだ Chimera。 しかし Chimera も漢字コードの関係でページが化けることも多々あった。 ふと、 夜の最新版 (Build ID: 2003012907) をインストールしてみると、Text Encoding メニューが付いているではないか。 さらに osx-users メーリング・リストからの情報により、 Navigator.app/Contents/MacOS/defaults/pref/all-chimera.js を chimera.js にリネームすると、漢字コードの自動判定もしてくれるようになった。 Mozilla のリソースの仕組みはよくわからないが、めでたしめでたし。


2003 年 1 月 28 日曜日)

[SL-C700] HancomMobileSheet でのシート保護

Excel 互換が売り物のバンドル・ソフト HancomMobileSheet を試していたら、 シート保護の情報が xls 形式で保存すると失われてしまうことが判明。 これはバグなのか仕様なのかっ。 ちなみに HancomSheet の独自形式である hst 形式を使うと、大丈夫なようだ。

それはともかく HancomSheet で困るのが、 汎用的な CSV 形式の読み書きができないこと。 まっ先に実装すべき機能だと思うけどなぁ。

Audio CD

久々に CD を買う。 自分の音楽的趣味からはちょっと離れたところに手を出した感じだが……。


2003 年 1 月 27 日曜日)

[SL-C700] LAN 経由の samba によるファイル共有(パスワード付き)

引き続き samba について調べてみると、UNIX パスワードではなくて、 SMB 用パスワードが必要なことが判明。 smbpasswd コマンドを入手してごにょごにょ(下記参照)。 これで MacOS X マシンからも Windows マシンからも、 ユーザ名 zaurus とパスワードを入力してから、 ファイル共有できるようになった。

(2003-01-28 追記:ディレクトリを作るコマンドが抜けていたので追加。 パスの間違いも修正。)

(2003-02-02 追記:bind interfaces only = の取りうる値は yes/no ではなく、True/False だった。よって True に変更。)

(無線)LAN 経由の samba によるファイル共有(パスワード付き)

おのひろきおんらいん
http://onohiroki.cycling.jp/index-log200301.html
の1月1日に、MacOS X に対して samba でファイル共有する話あり。
コマンド smbpasswd で、samba のパスワードを設定している。

LinuxZaurus 用 samba
http://killefiz.de/zaurus/showdetail.php?app=9
から( zip 圧縮された) ipk をダウンロード。
Windows マシン上で(インストールはしないで) smbpasswd
だけ取り出してみよう。拡張子 .ipk を .tar に書き換えて
展開すると、中から smbpasswd を取り出せた。


SL-C700 に(なんらかの方法で)転送して、とりあえず、
$ su
# mv smbpasswd /usr/local/bin

バイナリの smbpasswd はパスを決め打ちしているので、小細工。
# mkdir /usr/local/samba
# mkdir /usr/local/samba/lib
# ln -s /usr/lib/samba/smb.conf /usr/local/samba/lib/smb.conf

samba のパスワードファイルを用意
# touch /etc/smbpasswd
決め打ち対策。
# mkdir /usr/local/samba/private
# ln -s /etc/smbpasswd /usr/local/samba/private/smbpasswd

ユーザ名 zaurus に対してパスワードの設定
# smbpasswd -a zaurus
パスワードを入力
(ライブラリが二つないと文句を言うが無視していい)

# cd /usr/lib/samba
# vi smb.conf
------------------------------------
(省略)
# 2003-01-25 kimura
#   interfaces = usbd0
    interfaces = usbd0 eth0
    bind interfaces only = True
(省略)
[system]                            
    comment = System Folder 
    path = /root/samba
    read only = no
    browseable = no
# 2003-01-27 kimura
#   guest ok = yes
    guest ok = no
    force user = root
[home]                            
    comment = for User Data
    path = /home/samba
    short preserve case = no
    read only = no        
# 2003-01-27 kimura
#   guest ok = yes
    guest ok = no
    force user = zaurus
------------------------------------

samba を起動するとき:
# /etc/rc.d/init.d/samba start

samba を止めるときは:
# /etc/rc.d/init.d/samba stop

[SL-C700] 暗証番号?!

試しに LinuxZaurus 本来のパスワードを設定しようとしてビックリ。 暗証番号、すなわち数字のみで構成されたパスワードしか入れられないのだ。 「シークレット設定」で暗証番号を設定。 /etc/shadow を見ると、ユーザ名 root と zaurus の両方に、 同じパスワード文字列が生成されていた。

続・あんてな

ありゃ〜、 memantenna::linuxzaurusからも捕捉されてしまった〜。


2003 年 1 月 26 日曜日)

追記あり。

MacOS X でのヘルパー・アプリケーションの設定

kimux.org のアクセス・ログを出し入れしていて気付いた。 Web サーバ上の shtml ファイルの改行コードが、 昔ながらのマックの改行コード( CR )のままではないか。 ありゃ〜。 FTP を binary モードでやってしまったらしい。 ファイル拡張子 .shtml が未定義になっているためのようだ。 MacOS 9 までは、大昔からある InternetConfig とか、 それを Apple が吸収したインターネット用コントロールパネルがあって、 ヘルパー・アプリケーションの設定で、ファイル拡張子の定義ができた。 しかし MacOS X には……ないよなぁ……。

愛用の FTP クライアント、 Interarchy の Web マニュアルを見てもラチがあかない。 Transfer Mode を by File Mapping にしておけば、 自動的にモード判定してくれることしか書いてない。 さらにリンクをたどって yahoo.com の Interarchy の掲示板に。 ちょっと検索してみると Internet Explorer で File Mapping を設定してみろ、 と出てきた。えっ。

Internet Explorer 5.2 の「ファイルヘルパー」の設定で、 .shtml を追加してみると、あっさり解決。 調べてみると、この設定は、ユーザのホーム・ディレクトリの Library/Preferences/com.apple.internetconfig.plist に保存されるようだ。 しかし、 Internet Explorer を削除しちゃった人は、どうすりゃいいのさ。

MacOS X のための USB-CFADP ファームウェア書き換え

先週の金曜日のこと、 去年買った USB-CFADPのファームウェアを書き換えてもらった。 面倒なので MMUJ のメーリングリストに流した内容を転載。

CF メモリーカードと通信カードの両方に対応した USB アダプタ、
IO DATA の USB-CFADP ですが、MacOS X 10.2.x 対して、

USB-CFADPの有料ファームウェアアップデートサービスのお知らせ
<http://www.iodata.jp/support/info/2003/usbcfadp/usbcfadp.htm>

が出ました。
いままでメモリーカードリーダとしては、MacOS X 10.2.x で普通に
使ってきたので、「?」と思いましたが、今回、通信にも対応した
ということかもしれません。

せっかくなので、アップデートすることにしました。宅急便ではなく、
秋葉原のI・Oプラザ に持ち込んだら、すぐに処理は済みました。

試しに P-in M@ster を挿してみると最初は認識してくれませんでしたが、
ログアウトしてログインすると、デバイスを見つけてくれました。
考えてみると、iBook(Dual USB) + Jaguar 本体でダイアルアップ
 PPP 接続するのは、今回が初めてで、多少戸惑いましたが、ちゃんと
インターネット接続できました。

あんてな

LinuxZaurus の情報収集のためのアンテナとして、 memantenna::linuxzaurusを愛用している。 フォントがとってもちっちゃいのはポリシーなのだろう。 一方、つい最近アクセス・ログに、 Linux Zaurus Antennaを発見。 うわ〜。 こちら、常に SL-C700 の情報を発信してるわけじゃないんですけど、 いいんでしょうか。


2003 年 1 月 25 日曜日)

ザウルスとジャガーがサンバを踊る

LinuxZaurus (SL-C700) と MacOS X 10.2.x (iBook) とのファイル共有だが、 あれこれ Google してみても、ズバリの解答がみつからない。 でも、SL-C700 側の samba サーバを使うのが楽そうな感触を得たので、 Linuxザウルス/samba (Walrus, Visit)と、 OS X で Windows の共有フォルダを利用する (EZ-NETレポート) をざっと読んで挑戦。うまくいったのでメモしておこう。 しかし Windows のプロトコルで両者が通信するというのも皮肉な話だ (^^;

(追記)前半部分にある eth0 の追加はしなくてもいいことが判明。 (さらに追記)本稿は、無線 LAN 経由のファイル共有の話。 USB 接続実験ではない。

- SL-C700 ターミナルにて

 $ su
 ............................ ここからは、やらなくてもよい
 # cd /usr/lib/samba
 # cp -p smb.conf smb.conf.orig
 # vi smb.conf
        〜省略〜
        # 有線/無線 LAN カードのため eth0 を追加
        interfaces = usbd0 eth0
 ............................ ここまで

ファイル共有を始めるとき:
 # /etc/rc.d/init.d/samba start

これだけで、同じ LAN 上のMacOS X から、サーバ ZAURUS 、
フォルダ home (/home/zaurus/Documents/ と SD カード) に、
ユーザ名 guest で(パスワードなしで)ログインできます。
このままでは無防備です。すぐに止めましょう (^^;
(実運用では smb.conf をそれなりに設定すること)

止めるとき:
 # /etc/rc.d/init.d/samba stop


- MacOS X 側の詳細

Finder の「移動」メニューから「サーバへ接続...」を選択する。
場所リストに自動的に ZAURUS (あるいは IP address )が現れるので選択し、
「接続」をクリック。
「SMB マウント」ダイアログで home が現れるので、「OK」をクリック。
「SMB/CIFS ファイルシステム認証」にて、下記のよう書き換えて「OK」をクリック。
    ワークグループ WORKGROUP
    ユーザ名 guest
    パスワード (なし)
以上の操作で、デスクトップに HOME アイコンが現れる。

2003 年 1 月 23 日曜日)

アクセス殺到

kimux.org 始まって以来の怒濤のアクセスが、 光の辞書の変換の話に。 みんな SL-C700 の話題に飢えているのだろう。

音楽と映画

先日、試しに、MP3 と MPEG1 を SL-C700 の MediaPlayer で再生してみた。 MP3 データ(ビートルズの曲)は音質はともかく、ちゃんと再生できた。 320x240 のムービー(どっかで拾ったブレードランナー DC の予告編)は、 画面更新が追い付かない感じ。音声トラックは問題ないのだが。 まあ、ソレ系のために買ったわけではないので別にいいのだ。

そして無線LAN

今日仕事帰りに、SL-C700 用無線 LAN カードを買った (というかヨドバシのポイントを消化した)。 コンパクトフラッシュタイプの BUFFALLO WLI-CF-S11G 。 MAC アドレスを登録したり、WEP パスワードを設定したり。 何の問題もなくアクセス・ポイントにつながり、そこを経由して、 ブロードバンド・インターネット接続が可能となった。

iBook (MacOS X) と SL-C700 のファイル共有は、 どーするのが楽かなぁ。


2003 年 1 月 19 日曜日)

[パックス英和辞典とZten]

追記あり。

光の辞典を LinuxZaurus で

HP200LX でずっと愛用してきた、 コンパクトかつ実用的な電子辞書であるテグレット技術開発の 光の辞典。 一方、いまどきの PDA のクセに、電子辞書が付属していない SL-C700 。 光の辞典(清水新国語辞典、講談社パックス英和辞典と和英辞典)を SL-C700 でも使いたい!! 悪戦苦闘の末、とりあえず英和辞典の変換に成功した。

まず、 Psion 5 で光の辞典を使う話を参考に、 JITENを使って Windows 上でテキスト・ファイルに変換。

次は、iBook (MacOS X) に場所を移した。 Perl で日本語を扱うために、 (付属の Perl 5.6 はダメなので) Perl 5.8.0 をインストール。 辞書データの漢字コードと改行コードを EUC-JP と UNIX 形式に変換。 見出しと本文を整えるために、ちょっとした perl スクリプトを書く。 liza/arc/ の ej-conv.tar.gz ( 2003-05-30 ファイル形式を変更して置き直した)。 これと平行して、汎用の辞書形式に変換するために、 FreePWING をインストール。 FreePWING は(使いこなせば)自由に何でもできるソフトのようだが、 初めて使おうとすると訳が分からない。ふー。 GNU make による自動化はあきらめて、ひとつひとつコマンド入力で進み、 辞書ファイルができたみたい(約 7MBytes )。 MacOS X 上で CeDar 2.0 で試してみると、おお、ちゃんと辞書を引けたぞ。

さあ、SL-C700 に辞書引きソフトを入れなきゃ。 Zten のページを見て、 kakasi と Zten 1.2.4 をインストール。 変換した辞書ファイルを内蔵フラッシュ /home/zaurus/dict/ にコピー ( 7MBytes なので内蔵メモリに置けちゃうのだ)。 おお、ちゃんと辞書を引けたぞ。バンザ〜イ!!

でも、メインメニューにアイコン表示する方法が分からないのであった。

深夜に追記: アイコンは、「ホーム画面設定メニュー」を開くとちゃんと登録された。 一方、電子辞書についてさらに勉強してみると、 EB ライブラリで辞書の圧縮が可能になることが判明。 MacOS X 上で make して、ebzip にてレベル 2 の圧縮をしてみると、 7MB が 2.7MB に!!

LinuxZaurus で仮想メモリ〜

メモリ不足で有名な SL-C700 であるので、数日前に swap (仮想記憶のための外部記憶領域(←説明になっているのか))は導入済み。 大容量 SD カードは、まだ買う決心がつかないので、 とりあえず、 大昔に初代 H" 端末のために買ったけど、 次の端末への電話帳移行ぐらいでしか活躍しなかった 32M MMC カードを流用すること。 パーティションを切るといった本格的なことはしないで、FAT16 のまま、 20MBbytes のスワップ・ファイルを置いている。



2003 年 1 月 15 日曜日)

[SL-C700]

SHARP "Linux Zaurus" SL-C700

ついに昨晩、秋葉原で SL-C700 を発見!! うしし。

kimux.org

kimux.org の DNS の設定が突然変わって、 まったく関係のないページが表示されるようになっていた。 XREA が提供する管理画面を開くと、全然違う設定方法になっていた。 とりあえず kimux.org を再設定。 いままで同じものを指してきた www.kimux.org は使えなくなってしまった。 というか、こっちが関係ないページを指してる (^^; まいった。



2003 年 1 月 13 日曜日)

どんと焼き

隣の町で、小学校の校庭で「どんと焼き」をやるというので出かける。 今朝は晴天&微風で、どんと日和。 燃え出すと、竹がバン、バンと爆ぜて、こりゃあ、勇壮だぁ。

まだまだ Web 強化月間

Infoseek 別館の 各ページに、Infoseek 提供のアクセス・カウンタを仕込んだ。

いつのまにか、リムネット上の ウクレレ日記からのお知らせが消えていたので、復活させた。 たぶん、なにかの勘違いで、自分で index.html を削除してしまったのだろう。


2003 年 1 月 12 日曜日)

Web 強化月間

今週は、 Safari のリリースにも触発されて、ここのページの XHTML をチェックしたり。 このページの上部に置いてある、 Valid XHTML 1.0! ←このボタンを押せば、オンラインでチェックできちゃうのだ。 でもここ数カ月、押したことがなかった……。 結局、kimux.org を使い始めた 9 月までさかのぼることに。

favicon.ico

Safariでは、 URL アドレス欄の左に小さいアイコンが表示される。 以前から、Windows の IE を使っていて気になっていたヤツだ。 あれこれ調べるとこいつは favicon.ico というファイル名らしい。 さらに調べるとこいつは FAVorite ICON (お気に入りアイコン) なるモノであることが判明。 IE の「お気に入り」に追加したことがサーバ側に知れてしまうことが、 プライバシー上、問題視されたことがあることも分かった。 といっても、今の仕様では、 お気に入り(ブックマーク)に追加する以前に、 URL アドレス欄で表示してしまうので、問題ないのかも。

ドメイン直下に、ドメインを象徴する favicon.ico を置けばいいらしい (ページごとに指定することも可能)。 ということで、 GraphicConverter で 16x16 ピクセルのアイコンを描いて Windows ICON 形式で保存し、 kimux.org/に置いてみた。

芸術は爆発だっ!!

昨日は家族で 川崎市の岡本太郎美術館へ。 (今、ホームページを探したら、あれ? 今年 1 月にオリジナル・ドメインに引っ越したそうだ。) いや〜 TARO さんはとっても凄い人であることをあらためて認識。 ちなみに水木しげるの原画も拝める、 「美の呪力−ニューギニアの姿・かたち展」は明日まで。

MMUJ (Mobile Mac Users Japan)

Apple の新しい PowerBookG4 と Safari の発表で、 マック系サイトやメーリング・リストは大騒ぎ。 MMUJ でも、PBG4 12 インチを「ぽちっ」とした人がちらほら。 (ちなみに「ぽちっ」は、AppleStore でボタンを押して、 オンライン・ショッピングしてしまったことを示す。) 昨日は今年始めてのチャット大会で盛り上がった。


2003 年 1 月 6 日曜日)

カスケード・スタイル・シート

細井さんの日記 をパクって、スタイル・シートに下記の記述を追加した。

   /* マウスがリンクの上にのっただけで... (2003-01-06) */
   a:hover {background: silver}

blog, Fotolog, wiki

blogやら、 Fotologやら、 Wiki (クローン)やら。 World Wide Web は、まだまだ面白いのう。

er vii

久しぶりに ER を観た。お正月に番組表を見ていて発見したのだ。 よし、毎週月曜日 23:15、BS2 だな。


2003 年 1 月 4 日曜日)

(個人的)新春映画大会

お正月に観た映画たち。

ハンニバル(リンクは "MOVIE WORLD" )
レンタル DVD で鑑賞。(映像的に)想像より上品な作品だった。 むしろリドリー・スコット節炸裂といった感じ。 それより脚本が素晴らしい。 あの長くて饒舌な原作をよくぞここまで「料理」したな、と思う。 でもやはり映画として『羊たちの沈黙』は超えられなかった……。
マイノリティ・リポート
子供連れですっごく混んでいたワーナー・マイカル新百合ヶ丘にて。 アクションや CGI はすごいし、 面白い SF 的小道具も詰め込んであるし、 ストーリーもサスペンス・タッチなんだけど、 なんか心を動かされるものがなかったなぁ。 いや、いわゆる「感動」を期待しているのではなくて、 SF でしか味わえない、わくわく感が足りない感じ。 どうしたんだスピルバーグ。ディックが怒るぞ。
トム・クルーズ主演のハリウッド SF 大作として、 必ず大ヒットさせる必要があったのかもしれないが、 『マトリックス』が市場に受け入れられる時代なんだから、 もっと冒険してもよかったはずだ。
そういえば "Matrix Reloaded" の予告編をやっていた。期待してるぞ!
ビューティフル・マインド
レンタル・ビデオで鑑賞。この作品も(マイノリティ・リポートと同じく) DreamWorks Pictures提供か。
おぉ〜、中盤まではフィリップ・K・ディック(の『時は乱れて』)を 彷佛させるスゴい展開。 これだけでも面白いのに、最後には静かな感動で終わるところなんか、 さすがロン・ハワード監督。 アカデミー賞を取るだけのことはある。
一方、主演のラッセル・クロウ、 グラディエーターでは筋肉もりもりの闘士だったのに、 この作品では、ぜい肉が付いた数学者になりきっている。すごいなぁ。

SPAM メールで Eudora-J が落ちる

Eudora-J で、デフォルトのメールボックス「受信」のメールを表示しようとして、 アプリケーション・エラーになってしまう現象に遭遇。 「受信」を開くとそのメールが自動的にプレビューされる状態だったので、 それですぐ Eudora-J が落ちてしまう。 今考えると、環境設定で、 「デフォルトでメッセージプレビューをしない」にして、 とりあえず、そのメールをゴミ箱に捨てればよかったのかも。

受信メールボックス(ファイル名は "In" )を、Jedit 4.2.0 で開いて、 当該メールを見てみると、 “アジア諸国の多様な文化を交流する多国籍コミュニティ”(って何?)への 勧誘だった。 問題は、 charset="ks_c_5601-1987" (韓国のハングル文字らしい)の指定があるのに、 中身の HTML 部分には charset=shift_jis の指定があって、 内容は日本語(オリジナルの文字コードは不明)になっているのだ。

Jedit で当該メールの charset 指定のところをブランクにしたら回避できた。 ちなみに Jedit で当該メールだけまるごと削除してしまうと、 Eudora-J で読み込むとき、 TOC (インデックス情報)の再構成をしないといけない。 他のメールの TOC 情報を消したくないので、この方法はダメなのだ。


2003 年 元旦曜日)

謹賀新年

今年もよろしくお願いします。

♪掲示板 を開いたら、さっそくいくつもメッセージをいただきました。 ありがとうございます。


ちょっとしたリンク集

ウクレレ日記バックナンバー

最新号/ 2003 年 2 月/ 1 月/ 2002 年 12 月/ 11 月/ 10 月/ 9 月
2002 年 8 月以前のバックナンバー(リムネット上): 2002 年 8 月

(本ページが載っている)更新時刻取得サイト

[ SF系日記更新時刻/ みおみおアンテナ/ うにょんあんてな/ 片桐雅代のアンテナライフ(速波版)GET するも更新できず?/ そおとデぽぽぽチャート圏外に (;_;) ]


ウクレレ日記 / ♪きむらかずし / kimu*st.rim.or.jp ( * を @ に)