FrontPage | 一覧 | 検索 | 更新履歴(RSS) | 新規作成
はてなブックマークに追加 はてなブックマークを表示

Hatsukoi - 初恋 島崎藤村

差分表示


初恋 島崎藤村

(無粋な)現代語訳

 まだ上げたばかりの前髪が
 まだ上げたばかりの前髪が   (訳注:おかっぱ頭の少女から、前髪を上げる年頃になったことを示す)
 リンゴの木の下に見えたとき
 前髪にさしている花櫛(はなぐし)
 君はその花のようだと思いました
 
 やさしく白い手をのばして
 リンゴを私にとってくれたとき
 薄紅(うすくれない)の秋の実に
 それが初恋の始まりでした
 
 なにげなくでた私のため息が
 その髪の毛にかかるとき
 たのしい恋の杯(さかずき)を
 君の愛情に酌(く)み交わしました
 君の愛情のために酌(く)み交わしました
 
 リンゴ畑の樹の下に
 自然とできた細道は
 誰が踏みつけた跡なのでしょうと (訳注:2人が何回もここに通ったことを暗示している)
 聞くだなんてなんて愛しいのでしょう
 誰が踏みつけた跡なのでしょうと  (訳注:2人が何回もここに通ったことを暗示している)
 聞くだなんて、なんて愛しいのでしょう